ヤマハの管楽器、実質、値上がりしています。

4月からYAMAHAの管楽器の値引き率が変わっています。

コロナ騒動で本来、新入生を中心にいちばん管楽器が売れるはずの春シーズンですが、今年はもちろん全く楽器が売れていません。ですから気が付いていない方も多いと思いますが、ヤマハの楽器の値引き率が変わっています。これは当店だけの話ではありません。ヤマハ直系列のショップだとほぼ定価販売です。いままでの値引き率ではメーカーも小売店も、もう限界だという事ですね。昨年度までは管楽器を専門に販売するお店と、ギター系のショップがキレ気味に値引きする価格にものすごく差があったのですが、今シーズンからほぼ15%~10%の値引きに落ち着いています。これはヤマハが実質値上がりしたのと同じですね。

クラリネット セルマー・プロローグとヤマハYCL851を持つマール・ミュージック店長

そういう状況なので、昨年までとヤマハと輸入ブランドで価格の上下が変わってしまったものもあります。この中学生が初めて購入するクラリネットとしていつもランキング入りしている2機種。セルマー・プロローグ ¥228,800とヤマハYCL851  ¥252,450 あたりは価格のバランスがひっくりかえちゃったので売れ行きに微妙に影響してくると思います。どっちも本当に良いクラリネットなんですけど。( 価格はマール・ミュージックの税込販売価格 )今年はセルマーのプロローグが売れると思います。

このふたつのクラリネットを吹いている YOU TUBE 動画はここです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。